もう少しで開幕するWBCで、日本代表のメンバーの中でただ一人アメリカ大リーグから青木宣親選手が合流したというニュースを僕は見ました。

ヤクルトのファンの僕にとっては、懐かしい選手の一人です。
かつてヤクルトの中堅を担っていた選手がWBCで戦ってくれる。
青木選手自身、アメリカで色んなことがあった。怪我を含めて、シーズン前に開幕するWBCに来てくれる事は、僕にとっては本当に一人のヤクルトファンとして誇らしい気持ちになります。

なんとかアメリカで経験してきた事を、この大会にぶつけてほしいと思っています。
後は、怪我なく大会が終わり、最終的に優勝だったら最高です。
でも、僕の本音は参加する選手が怪我なく、大会を終えることです。
そして、それぞれの選手が所属するチームでシーズンを戦ってほしいと思います。
野球選手が全力で戦う姿を観られるという事が、僕にとっては本当に楽しいことなのです。
勝敗ではないと思います。
色んなジャンルのスポーツが、共通しているのはこの姿を観ることだと個人的には思います。
明日の壮行試合は、仕事の関係で観られそうにありませんがワクワクした気持ちになっています。